“禁煙日を、記念日に”するプロジェクト

文化をつくるために、
私たちができること

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険

ビジョンの実現は、まず社内から

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、企業ビジョンとして「健康応援企業」への変革を掲げています。「健康応援企業」として、まず当社の社員から健康意識を高めなくては、と禁煙への取り組みも始まりました。2017年8月1日(火)から、全社内、社有車内の全面禁煙を実施しています。
そして社員の禁煙を、会社を挙げてサポートすべく、(1)禁煙治療費の一部負担(2)禁煙支援に向けた社内イベントやセミナーの開催(3)本社喫煙スペースを健康増進スペースにリニューアルを実施しました。また当社では、「保険会社」というポジションを生かした、お客様へのさまざまな禁煙への取組みもスタートしています。

保険会社にしかできないことがある

“健康であること”にインセンティブを提供できることが、保険会社が持つ独自の価値だと考えています。具体的には、収入保障保険「リンククロス じぶんと家族のお守り」は、保険(Insurance)に、健康(Healthcare)を応援する機能を組み合わせた、「保険+健康(Insurhealth)」を具現化した第一弾商品です。本サービスでは、ご加入後に卒煙に成功した場合、契約時にさかのぼって保険料を計算し、お客様に保険料をキャッシュバックする業界初の制度があります。当社は、「備え」としてだけでなく、「今をより良くしていく動機」として“保険”の提供にチャレンジしていきます。

事業企画部課長代理 児玉様

喜びを共有できる文化を

個人的なことですが、私も「健康への意識を高めなくては」という思いから、一昨年ダイエットを始めました。結果、体重20kg減を達成し、社内はもちろん、家族からも喜んでもらえました。それが、自分でも思っていた以上に嬉しかったです。禁煙って今は、孤独にがんばるものかもしれません。ですが、「たばこをやめる」ことが誇らしく感じられて、そしてその事を周囲の人と喜びあえるような、そんな空気を作っていきたい。そのために、私たち保険会社も“卒煙”に対して、経済的なインセンティブと同時にポジティブな感情を喚起する取組みを考えていきたいと思っています。

BACK
前のページに戻る