#禁煙記念日 はいつですか?

正しい知識こそ
卒煙成功の鍵

04.08

たばこが縁で広がった交友関係

20代になって友人たちの多くがたばこを覚え、彼らから勧められてたばこを吸うようになりました。学生時代から、喫煙所に仲間たちと集まってたばこを吸いながらいろいろな話をしましたね。とても楽しい思い出です。社会に出てからも、会社の喫煙所で会う同僚や先輩からおいしい飲食店やお勧めの観光スポットなどを教わるなど、喫煙所でのちょっとしたコミュニケーションがきっかけとなって、さまざまな人と親しくなることができました。たばこが縁で交友関係を広げることができたと思います。

子供たちのために禁煙を決意

家族からたばこ臭いと言われ、禁煙に挑戦したこともあったのですが、長続きしませんでした。しかし、子供たちのためにも健康でいたいという思いはずっとあり、禁煙のきっかけを探していました。そのような時に会社でascure卒煙の参加者募集を見かけ、今度こそと禁煙を決意しました。ascure卒煙で、吸いたい気持ちは5分の我慢で収まる、3日過ぎれば苦しい時期が過ぎるなど、ニコチン依存の正しい知識を学ぶことができました。それまでの禁煙では知識がなかったためつい、たばこに手が伸びていたのです。周囲も応援してくれました。同僚が「禁煙続いてる?」と気にかけてくれたことなどは支えとなりました。

日本精工株式会社 原様

家族と一緒に過ごす時間が増えた

卒煙して良かったことは有益な時間ができたことですね。昼休みに食事を終えたら、美味しいコーヒーを飲みながらゆっくりした時間を過ごせるようになりました。また、自宅で家族と過ごしているときも頻繁に外までたばこを吸いに行っていましたが、それがなくなり家族との会話の時間が増えたと思います。今後は禁煙したいと考えている周囲の人たちに、わずかな期間の我慢ができれば禁煙は継続できる、喫煙具を処分して吸えない環境に身を置くことでたばこはやめられるなどの正しい知識を教え、卒煙へ背中を押したいと思っています。

BACK
前のページに戻る